Attention!

2月

〈東京〉

ブリンクマンが語るThe Challenges of Dutch Life and Work in Post-War Japan

日時 2018年2月28日(水)
会場 オランダ王国大使館出島ラウンジ

オランダのナショナルハンデルス銀行の神戸支店に赴任することになり、1950年に初めて日本にやって来たブリンクマン。それから6年間、一度もオランダに帰らずに、神戸、大阪、東京で働き、暮らした。当時のオランダ人コミュニティーについて、職場の様子や、神戸、大阪、東京の印象について、アルバムの写真をパワーポイントで見せながら60分ほど話をし、見合い結婚にたどり着く直前で、終えなくてはならなかった。

60人余りの聴衆からは、話が終了しても、会場の出島ラウンジで質問を受け、見合い結婚のことも含めた話を「もっと聞きたい」「前回の東京オリンピックはどうだったか」と言われ、再び出島ラウンジで続きを話すことになった。

今回のイベントは、溝口広美が、オランダ王国大使館のキム・ダン政策オフィサー(写真右下)に依頼して実現した。

撮影 溝口広美

イベントのお知らせ

ブリンクマンが語るThe Challenges of Dutch Life and Work in Post-War Japan 1956年から60年代まで

日時:2018年6月5日(火)夕方
会場:オランダ王国大使館出島ラウンジ
言語:英語
参加費無料
詳細が決まり次第、お知らせいたします

直近のイベント

バックナンバー

メニュー

Page Top