Attention!

3月

〈東京〉

3月14日(火曜日)午前10時から12時
講演会 ブリンクマンが語る「オランダにおける戦中戦後の生活体験談」
場所: ナレッジソサエティ (千代田区九段南1−5−6りそな九段ビル5階)
主催: デ・リーフデ会(日蘭協会の一分科会)

1944年から45年の冬、ドイツ占領下の西部オランダ一帯は深刻な食糧難に見舞われた。「飢餓の冬」と呼ばれ、今でもオランダでは語り継がれている。

この日、45人の聴衆(席は事前予約の段階で完売)を前に、パワーポイントで関連する写真を見せながら、時には戦時体験記The Monkey Danceの朗読もまじえ、いかにして12歳のオランダの少年(ブリンクマン)を含む家族全員が、ナチス占領下の「飢餓の冬」を生き延びることができたのかについて語った。

本講演の内容は、終戦70周年によせて綴ったエッセイ『銃とカトラリー』(「あとらす」32号に掲載)及び、戦時体験をまとめた自伝The Monkey Dance, Chronicle of a 12-year old Dutch boy in the Winter of Starvation, 1944-1945をもとに構成されたものである。

The Monkey Dance購入ご希望の方は、トップページの下にあるメールアドレスから、ご連絡ください。「あとらす」32号は、西田書店へ直接ご連絡してご購入ください。


The Monkey Dance
定価700円+郵送代金

戦時体験を語るブリンクマン
 

あとらす 32号
定価1、080円
西田書店 03—3261−4509

サインに応じるブリンクマン
 
 

直近のイベント

バックナンバー

メニュー

Page Top