YouTube 著作集 Japanese Society and Culture in Perspective
トップページ

撮影者:Hans Brinckmann

Welcome Gallery ハブリ日記 Attention!

3月/4月号のハブリサイトへ、ようこそ。

英国の欧州連合(EU)離脱は、この2ヶ月間、離脱日がいつになるかもわからぬ状態で、EU27カ国メンバーは決断能力に欠けるイギリスと、いつ終わるとも知れぬ離脱劇に、そうとう飽き飽きしている。

2016年6月23日の国民投票では、僅差で離脱を決めたのだが、48.11パーセントの残留支持派は、今もって、イギリスはEUにとどまることを望んでいる。メイ首相の目指す速やかな離脱手続きは、混迷を極めているから、なおさらだ。

先日、散歩をしていたら、池で甲羅干しをする亀の群れを見つけた。まるで27カ国メンバーのように、ぴったりとくっついているが、よく見ると、群れから離れようとしている亀(右上)を発見。ポーランドだろうか?群れから離れてはいるものの、一緒にとどまりたいそぶりを見せる亀(左端)は、英国残留派に違いない。

ハブリ日記では、新元号について、日本の危険な歩道について、そしてブリンクマンの短編小説集The Tomb in the Kyoto Hills and other Storiesが、京都で文学的開花を遂げたエピソードをまとめてみましたので、ご笑覧ください。