YouTube 著作集 Japanese Society and Culture in Perspective
トップページ

撮影者:Hans Brinckmann

ハブリオピニオン ハブリ日記 Attention!

6月18日午前7時58分ごろ、大阪で震度6弱の地震が発生。当サイトの更新作業中のハブリチームはテレビのニュースで知りました。19日現在、4人が死亡、300人以上が重軽傷を負い、近畿地方の広い範囲で被害が出ているようです。

今回の震源は有馬—高槻断層帯。1596年にマグニチュード7.5の「慶長伏見地震」が発生しています。オランダの銀行の神戸支店に勤めていた1954年に、東京転勤を命じられた時、日本人スタッフが私のことを気の毒に思ってくれたことを思い出します。彼ら曰く、東京の食べ物は美味しくないし、東京には地震が多い。ところが、当時の東京に地震は起こらず、むしろ、1995年にマグニチュード7.3の阪神淡路大震災が起き、6400人以上の犠牲者と多大なる被害をもたらしました。つまり、日本国内には安全な場所などないのです。

ハブリ日記では、米朝首脳会談について、日本の現金事情について、アムステルダムの観光公害について取り上げました。オランダ大使館で行ったブリンクマンの講演の様子については日記とAttention!をご覧ください。